片手打ち(フォアハンド)へ変更

夏休みに入り、近くのKテニスクラブがジュニアの夏期講習をしているので

皓貴も参加することにしました。

普段と違う環境で練習するのも勉強になります。

コーチ:いつまでフォアハンドを両手打ちさせるつもりですか?


ママ:・・・

コーチ:最終的に片手打ちにしなければならないのなら今から片手打ちにしないと

     間に合いません。



今回のKテニスクラブは、ジュニアの育成に力を入れている為、

育成クラスでなくても、コーチは大会に出ることを見据えた指導をしているようです。

いつかは片手打ちに変更しないといけないと思っていたので、これを機会に片手打ちに変えることにしました。

8月から皓貴の片手打ち(フォアハンド)の練習が始まりました。

小さい頃から左利きみたいな感じの皓貴だったので、ホントは、左打ちにしたかったのですが、、、

パパ達のフォームを見て右打ちになってしまいました

練習を始めてから1週間で、どれくらい打てるようになったかお盆休みに家族でテニスの練習することに。。。

最初は、ママとストローク練習

画像















少し、ラケットの引き方に両手打ちのなごりがありますが、、、まずまずのフォーム

画像



















画像



















左手の使い方がまだデキていません。

もう少し前でボールをとらえれると良いのですが・・・


画像















お盆休みに一度、レッスンを見学しましたが、

Kテニスクラブのジュニアの子達は、とてもキビキビと動きます

皓貴のいつものペースでは、一人置いて行かれます。

レッスンもパパも参考になるようなレッスンの内容となっています。

Kテニスクラブのジュニアの子達は、空いてるスペースへどんどん打ってきますね。

皓貴は、今まで近くに打ってくれるのに慣れている為、打った後の戻りが遅いです。

夏の合宿に誘われた皓貴ですが、テニス漬けは嫌みたい



先日、同じ学年の女の子と初めてシングルスの練習試合をする機会がありました。

テニスの試合は、通常セルフジャッジで行われます。

試合が始まれば、 コートに入って試合をしている2人で試合を進行しなければなりません。

例えジャッジが間違っていようと周りがアドバイスをすることはできません。

子供の試合を黙って見るのは、ツラいものですね。

初めて試合する皓貴は、こちらをチラチラ見て助けを求めてきます。

なので、パパはコートの外に出ることにしました。

テニスを通じてパパも皓貴もお互い成長したいです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック