今日は人間ドック

人間ドックを受けてきました。

午後から検診結果を聞きに行きます。

病院からマンションまでは、車で5分くらいのため、合間の時間を利用してマンションに戻ってきました。

ウェスト84cmの為、85cmからのメタボリック検診はなし。

来年は、危ない

皓貴は、今月末からテニススクールのクラスが1つ昇進しました。

テニススクールは、選手育成コースになると縄跳びを準備運動に取り入れます。

選手育成コースに行くかは別として、縄跳びが出来ないままだとマズイ

日曜日に家族で縄跳びの特訓をしました


画像






















画像






















しかし、跳べないのは相変わらず。。。

縄跳びを跳ぶ時に、無駄に腕を上げたり狭めたり。

縄がきれいに回せません。

それでも最後は、何とか10回跳べるようになりました。



インターネットの文章を引用すると

『縄跳びの動作は、自然法則に反した運動である。

人間はジャンプをする時に、無意識に腕を振り上げて勢いをつける。

だが縄跳びだけは違う。

ジャンプをするとき、縄を回すために腕を振り下ろすのだ。

大人の皆様は無意識に縄跳びを跳んでいることだろう。

しかし子供、特に幼児や小学生にとって、

この事実は大きな意味を持つ。

なぜなら彼らは自然な動きをするからだ。

にも関わらず「縄跳び」は運動自体が不自然なため思った通りに動いても上手には縄を跳べない。

そして、子供たちはの身体と頭は混乱する。』




皓貴には、縄跳びは難しい動作みたいです。

パパも縄跳びを跳んで見せましたが、結構な運動量ですね。


縄跳びは全身運動なので、脂肪を落とすだけではなく全身の引き締めにも効果があるそうです。

とくに「足首」「ふくらはぎ」「太もも」など下半身の筋肉をほとんど使うため、

下半身の引き締めに効果があります。

また、縄跳びはあたりまえですが、縄を回します。縄を回せば腕の筋肉を使うので

二の腕を引き締める効果もありますし、腕を固定する肩の筋肉も使います。

そして縄跳び中にバランスをとるために、腹筋や背筋はもちろんインナーマッスルもしっかり使います。

このように縄跳びは、表面の筋肉だけじゃなく、体の奥深くにあるインナーマッスルも含めて

全身の筋肉を鍛えられられるんですね。

しばらく、皓貴と一緒に縄跳びの練習をすることにします

縄跳びできるようになったら褒めることも忘れないようにしようと思います。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック