竹島水族館に行ってきました

先日、愛知県蒲郡市にある竹島水族館に行ってきました。

この水族館、日本の中でも古く小さい水族館で有名ですが、魚の展示方法など色々な工夫をしていて、

近年、来場者数がV字回復しています(^^)v

画像















魚などに触れることができる 『おさわりプール』 には何とタカアシガニがいました。

ハサミは、紐でしばって使えないようにしてあります。

魚にストレスが溜まらないように、1週間くらいでおさわりプールと普通の水槽をローテーションするそうです。

画像















水族館の裏側を見せてもらえる 『バックヤードツアー』 に参加しました。1.回20名限定。

説明してくれる水族館の飼育員は、朝、あみだくじで決めるそうです。


画像

















水族館の水槽を反対側から覗くことができます。



画像














小さな水族館にバックヤードツアー用のルートがあるわけもなく、

通路の横には、クラゲの記録したノートが置いてあったりします。

画像












                                          柱には、創立年月日が書かれていました。

画像











画像















手書きの魚の説明を真剣に読むと結構な時間を費やします。

画像















ウツボのつぼ~!!

ウツボが沢山います。

画像














↑↑↑
竹島水族館のワンルームマンション?


水槽は、このような工夫が施されており手作り感がいっぱいです。


画像














この竹島水族館、漁師が取ってきた魚を展示してたり、渋くて面白いです。

しかし、何と言っても飼育員さんのSNSでの拡散を意識したポップ作りに感心しました。

ただの生き物の展示というだけでなく、その裏で働く飼育員のストーリーが見える竹島水族館。

面積は小さいですが、真剣に観ると時間がかかります。

年間20万人突破というのもうなずける”意外と面白い”水族館です。

もう一度、行ってみたいなぁ。




画像
















                                     最後は、竹島の前で記念撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック