料理のために・・・

ママの趣味は?と聞かれたら「料理」と答えます

それ以外に、趣味と言われてもないかなぁ・・・

あとは「ミシン」



ママはドラマ・テレビを観ることは少なく、テレビがついているのは決まった時間の決まった番組のみ

観終わるとすぐに消してしまいます

じっと座ってテレビを観ていることができません



子供と7時頃のテレビを観るときも、お菓子のレシピをファイルしたり、アイロンをかけたり

何かをしています


この前は、「にんにく」の皮を皓貴と剥きながらテレビを観ていました

「皮を剥くの好きなんだよねぇ」子供には楽しいんでしょう

ツルっとしたにんにくに剥きあがったのがうれしいみたいです

3日くらいで全部を剥きました

「もうにんにくないの?まだ剥きたかったのに」

画像



手伝いをするのが好きだからと何でも手伝いをしてくれます

料理を一緒にやることも増えてきましたよ




ママは料理にちょこちょこにんにくを使います

胃がもたれるほど、子供が食べれない味になるほどのにんにくは使いませんが

子供が生まれるまでは、生の「にんにく」は買ったことがなかったんです

夏ににんにくを使う料理を作っていたら、元気になる気がしてそれ以来常ににんにくがあるくらい


前は、「瓶詰にんにく」を使っていました

おろしにんにく」「きざみにんにく」2種類を使いわけていました

「生のにんにく」を切らしていた時、「瓶詰にんにく」を使って料理をしたら

パパに「これってにんにく入ってる?」と言われました

「生のにんにく」じゃなかったので、風味が足りなかったらしいです




「生のにんにく」はそのまま冷蔵庫に入れておいても芽が出てくるんです

1個購入、使い切ったらまた1個・・・と買えばいいのでしょうけどね

私は野菜市で買うので、ざるに何個か乗ったものを選びます

そこで、八百屋のおじさんに「にんにくがどうやったらもつか」聞いたところ

剥いて「オイルに漬けておく」と 冷蔵庫に入れておくよりは、もつようです



今は「サラダオイルに漬けたにんにく」「オリーブオイルに漬けたにんにく」を作っています

ガーリックオイルとして使いながら料理にも使っています

「生のにんにく」のまま冷蔵庫にもありますよ


「パスタ」「炒め物」「餃子」「中華料理」「焼き豚」「カレー」・・・ママはあらゆる料理に使っているので

結構早くなくなるんです

味がまとまるというか、落ち着く味になる気がします



手間をかけて作ったものを使って料理をすると、ママの気持ちが落ち着きます

「ゆずレモンシロップ」を作ったのもそうです

最近では「塩麹」もあります

「生のパセリ」を冷凍して、「冷凍パセリ」も作ります

「ドライパセリ」よりも風味も香りも断然違います


「生のパセリがいいけど、作るのは手間だから作りたくはない」というママに

分けてあげたりもしましたよ



手間をかけると、ヘルシー 倹約になると思っています

買ってきたらいつでも食べれるものも、作らないと食べらないとなると

食べる回数は減りますよね

「コロッケ」を買うのは楽ですが、「コロッケ」を作って食べようと思えば週に何回もはやらないでしょう


買わないと食べれないものは もちろん作りません

到底作れないものは買うがベスト


前に、デパートで「コロッケ」を買って帰ってきたんです

せっかく来たから、買って帰ると喜ぶかなと思ったままでした

しかし、予想外の答えが・・・

「ママ、頭痛いの?」


「んん?」





「普段こういうの買ってこないのに、買ってきてるから風邪なのかなと思って」




子供の感想が予想外でびっくりしました


「塩こしょう」が効いた味なのが、辛く感じるようで、「ママのがよかった」と言われて

また作ってあげることにします






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック