いなり寿司

久し振りに子供用の買い物かごのあるスーパーに買い物に行きました

ママはたまに行きますが、幼稚園が休みで子供を連れていくのは久しぶり

あぶらあげ」が安かったからです

子供用の買い物かごを持つ皓貴に「まっすぐ行ってあぶらあげを2つかごに入れて」と

スーパーの中で、おつかいをさせました


なかなか姿が見えないなぁと思っていると、ぐるっとまわって帰ってきました

「あぶらあげを探してるんだけど」と2周目に回っていきました


ようやくあぶらあげを見つけて、かごに2つ入れていました


ママは「いなり寿司」を作ろうと思ったんです

刺身を食べなくなって、お寿司を食べることは減りましたが、巻き寿司やいなり寿司は大好きです


ママが作るのは3回目くらいかな

前は幼稚園でいない間に作ったので、今回は作るのを見せようかなと


「あぶらあげ」を半分に切り、袋を開けて、煮ましたよ

画像




寿司飯はシンプルに「すりごま」だけを入れました

画像




1つずつ あげに寿司飯を入れて・・・完成

画像




こういう面倒なのをやっている自分が好きです

手間をかけて、できたってときが満足度が高いです

そして、いっぱい食べてくれたら喜びが倍増します

暇があるときしかできないメニューでしょうか

慣れてくると早くできるもので、何度か練習して、早くできるようにしています




今が旬の「ほたるいか

ママが昔から好きです

小さいころからよく母親が買ってきてくれました

テレビで「ほたるいか漁の見学ツアーが満員です」というのを見た翌日

食べたくなりました



画像





「ツマ」は千切りをやめて、「かつらむき」で作りました

家で食べるんだから、少々分厚くてもいいや

集中できて、「かつらむき」楽しかったです


「ほたるいか」は量り売りでしたが、皓貴が「これくらいだと少ないから、これかなぁ」と

量を見て選んでいたので、考えて選んでいる姿に成長を感じました



初めての「ほたるいか」でしたが、皓貴も5個くらい食べていましたよ



4月5日(土曜日)  寒い上に風が強い

図書館で予約した本が届いたので、借りに行きました

パパは仕事でまた2人の1日です

2冊予約していましたが、1冊は自分で思っていた通りに本だったようです

「もう1冊は違う感じだったけど、予約して持ってきてもらったし、こういうものかと思って読むよ」

と、前向きに考えているようです


昼ごはんは「ざるうどん」がいいというので、帰宅してから作りました

休み中の昼ご飯は、あるもの・適当に で済ませています

夜ごはんがあれば、それを食べ、「パスタ」「うどん」「ピザパン」言われたものを

作っているママですが、「カレーでいいよ」とレトルトカレーを選ぶときもあります

「これじゃないと食べない」というこだわりと、おなかがすいたからグズグズするというのもなく、

「何にしようかねぇ」と一緒に決めようという意識が強いようです


何であっても、手抜きであっても、文句を言わないので、ありがたいです


4月6日(日曜日)  寒い

晴れていますが、風もあって、真冬の寒さ と天気予報で言ってたのがわかります

「野菜市」に少しだけ買い物に行きました

雨あがり、水たまりもあったり、土もぬかるんでいます

はしゃいでいた皓貴は転んで、左半分泥だらけになりました

泥がついて汚い と機嫌が悪くなり、「転んだら泥んこになるよ」とママに言われていた意味が

わかったらしく、悔し涙を流していました



今日はママは6時に起きましたが、皓貴も6時半には起きてきたので、1人時間が少なかったです

パパは今日はテニス・・・

朝から夜まで1日いません

土日家にいないと、曜日感覚がなくなるのと、春休みで毎日子供と一緒のママには、

何連勤なのか?という休みのない毎日です


今日は初めてのものを作るため、朝から頑張っていましたが、果たしてうまくできたか

まだ途中なので、結果は後日





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック