新しいロックミシン   アーチザン630

今年の冬になって、ニット系の布を縫うことが増えました

スムースやフリースなども含めてです


私が子供の洋服を作っているので、ミシンを昔からやっていると思っている方が多くみえます

「ずっとやっているとできるんだよね」と言われますが、大きな間違いです


結婚するまでは、家にいてもミシンをするなんて、家庭科の宿題程度

ミシンも編み物も、刺繍なども、全く興味もなく、やったこともなかったです

いまでも、編み物は全くわかりません


結婚する前に少し時間があったとき、実家にあった大きな昔からのミシンをやってみました

「こんなものもできるかな」と幅を広げていった結果、洋服にたどり着いています

ミシンの知識もゼロ   洋裁のやり方も全くの初心者です



結婚してからも、仕事をしている間は、雑巾を作ったり、何か直すなどない限り、

そんなにミシンをする機会がありませんでした


妊娠中は、スタイや子供の小物など、作ることは増え、「ベビーグッズ」の本を

購入しました


「マザーズバッグ」になる大きなカバンを作りましたが、カバンを作ったのは、これが初めて


大きなもののほうが、縫いやすく、練習には最適です



そんなにやるようになるとはだれも思っていなかったので、ずっとお下がりのロックミシンを

使っていましたが、ニットが縫いにくい

「2本糸1本針」のロックミシンはニットが縫えるものではないようで、

今回は「4本糸2本糸」のロックミシンを購入しました↓










画像






2本針4本糸差動付ロックミシン

アーチザン630」です


ブログで作り方など掲載している方も購入していたので、気になっていました

ほかのものと、いろいろ考えて やはりこれに決定


購入してから、何かと時間がなく、まだ今までのロックミシンでできなかったのを

やってみて「できるぞ」と思ったくらいで、使いこなしまでには至っていません


さて、縫おう と縫ってすぐに糸が切れ、「さて、糸を通すのは・・・」と

説明書を見ながらやりました


使ってみての感想は、あくまでも私の主観です

今までのロックミシンを自動糸通しではなかったので、自動ではないものにしました


最初にこの4本糸の自動ではないもの だったら、私はパニックだったかもしれません

手動で糸を通すと言っても、番号案内されているのと、慣れだとは思います


ニットを縫うなら、最低4本糸以上を購入しなければならないので、

4本の糸通しは仕方ないことです


2本を使っていて、4本にした ことでの感想です


2本ロック:針 HA×1SP 1本   ロック糸2本  布は絶対に切れる

       アームは外せない


4本ロック:針 HA×1 2本   ロック糸4本  布はワンタッチで切れないように設定できる

       アームが外せるので、筒物縫いがやりやすい




4本ロックは、「巻きロック」もできます

糸を3本にして、ロックすることもできます


袋もののロックは、2本糸でも十分なので、これからも2本ロックも

愛用していくわけですが、2本と4本の針が違うので、2種類購入しなければならないのが

買い替える際は見てみるといいと思いました


「HA×1」の針は、家庭用ミシン針なので、私のミシンと同じになったわけで

新しくロックミシンを購入する人は、同じ針で2種類なので、うれしい話です






3月初めに購入しましたが、「インフルエンザ」で幼稚園お休みが続いたり、春休みがあったり

全然できていません

まだ使いこなしていくのには時間がかかりそうです







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック