幼稚園 修了式

早いもので、幼稚園も今日が修了式

1年前がもっと前に感じるくらい、あっという間でした

最初はいろいろ考えていたけど、なんてことなく無事に終わって


幼稚園は通園バス圏内ギリギリなので、近所に同じ幼稚園に通っている友達もおらず

そんな中で、バスに乗り、幼稚園にいけるか不安なところもありました

入園式の翌日、バスに1人で乗り、最初はお互い手を振らず

手を振ると悲しくなるかな とママは気をつかい、あえて見送りだけに

しばらくすると、自分から手を振っていくようになりました


はじめてのGW

緊張で疲れていたのか、GWの谷間に熱を出して 幼稚園を休みました

GWからは給食も始まり、プールも始まり、一気にハードに

帰宅してすぐにご飯を食べて寝てしまうことも多かったなぁ

GWに「やっと休みですね、何がしたい?」と聞くと

久しぶりにクッキー作りたい」と言われてびっくり


子育てストレスって誰にでもたくさんありますよね

ママだって、子育てストレスはありましたが、全然寝ない大変さは慣れてきたら

大したことない。

自分のやりたいことができない」のが子育てストレスには大きいかな


ストレス発散に、2歳になる頃、朝早くに起きてクッキーの生地を作り、午前中に公園に行き遊ばせ

昼寝をさせてクッキーを焼いてみました

昼寝と言っても、皓貴は全然寝ないので、30分寝たらいいほう


クッキーを型抜きしてる間に、起きることも頻繁に

起きて何をしているか見に来て、「やりたい」と一緒にやってから

クッキー作りを楽しみはじめた皓貴


料理は生まれてからもずっとやってきましたが、お菓子作りができていなかったのは

ママにはだいぶストレスでしたね


「産後は手抜きをして子育てしなさい」周りで言ってくる人がいました


自分のやりたいことができないのはストレス


手抜きすることで大丈夫なことはいいでしょうが、私にとって、「料理」をしないことはストレス

だから「料理」をすることで、モチベーションを維持していたわけです


子育ては幼稚園に入れば、子供がいない時間はありますが、それまではずっと一緒にいるわけで

手抜きをしていたのをちゃんとやるように切り替えるのはいつなのか

私にはわかりません


そう考えてしまう私は、手抜きが下手なわけです

私の中で手抜きをして気持ちがおさまることなら、手抜きをしているんです

やりたいことはやりたいし、やるべきことはきちんとやりたい性格なんだから仕方ない

完璧主義」ではないけど「こだわり」なんだから仕方ない



切り替えが下手なのでしょう


幼稚園に入るまで、子供を預けていなかったので、ママの病院にいくにも 買い物にいくにも

子供は常に一緒

「皓貴の公園に付き合うから、ママの買い物にも付き合って」

子供の遊びと、ママの家事は対等 という考えです


常に1対1  子供にだけ付き合っていたら、自分のことができない→ストレスになる




自分のことに付き合ってもらえると、子供のことにもやってあげたい気持ちになるもので

お互いにとってプラスになれるものなんです


今もですが、幼稚園に入るまでも、皓貴はママのいろいろによく付き合ってくれました

おかげでママは助かったと思えることは多く、幼稚園入園までもお互い成長しました





お菓子作りをやれるようになって、「寝ないなら寝なくてもいいけど、一緒に楽しんでたら

寝てほしいって思わなくてすむから、これもいいなぁ」って気持ちを入れ替えて

ママのやりたいためにやっていたお菓子作りを、全然できていなかったからやりたいと

子供が思ってくれたことはうれしかった


里帰りしなかったから、里帰りしてる友達の話をきくといいなぁって思ってたママです

産後すぐから料理したりは大変だったし、子育てする中でも体力的にも精神的にもつらかったけど

「ママはご飯を作る時間になると台所にいく」と子供に伝わるのは早かったし、

ご飯作るねと言えば 待っててくれたし、里帰りがなかったことで

ママも子供も成長できたし、今となってみればよかったかな


今でもご飯の準備をしたり、お菓子の手伝いをしたり、お手伝いはたくさんしてくれます






GWまでは給食なく、1時間で降園

「今日は何をしたか」聞かなくても、たくさん話してくれたので、1年間幼稚園でその日に

何をやったのか、よくわかりました


「友達がぶつかって泣いた」「この子が今日は転んで・・・」


人のこと、よかったことだけでなく、自分がやった怒られた話なども事細かにしてくれます

「じゃぁどうしたらよかったかねぇ」

反省会?ではないですが、次は気を付けようね という意味も含めてお話を

自分がされたら嫌なことは人にしない、自分が言われたら嫌なことは言わない

結局そこにたどり着きます



「今日はフォークで手を刺された」

給食に嫌なものが入っているのが、気に入らず、隣の席の皓貴の手をフォークで刺したそうです

いろんな子供がいるなぁと思いましたが

同じ子に「指を噛まれた」 ってこともありましたね



夏休み明けからは運動会の練習のはじまりです

9月から運動会までは幼稚園の日常的なこともこなしたうえで、運動会の練習をします

週に2回プールをすると、練習時間をとるのは難しいものです

運動会までは、幼稚園の降園時間は1時間遅くなります

皓貴がバスで帰ってくると、4時半近く

運動会の練習がはじまると、親としては帰宅が遅くなるし、ゆっくりできるから と

聞いていましたが・・・





しかし









皓貴は「帰宅が遅くなるとバスを待つのが嫌になる」と

疲れて早く帰りたいのに、バスを待っているのが嫌だ・・・そりゃそうです

仕方なく、運動会まではお迎えになりました

お迎えになると、普段バスで帰ってくるよりも早く迎えにいかなきゃいけない

結局 普段のバスより早く家に帰ってくることにはなるし、ママは普段よりゆっくりできなくなる

単なるわがままな気もしましたが、成長過程として、むやみにダメというわけにもいかず

「ママもお迎え頑張るし、運動会の練習頑張っていい姿みせてね」

と、子供の気持ちを尊重しました



お迎えは自転車しかないので、「雨の日はバスに乗ってよ」と約束したのに、

1日も雨の日はなく、1ヶ月ずっとお迎えでした


9月の3時に自転車はさすがに暑いです

毎日のように35度くらいにはなる名古屋の夏に

高校生のとき、自転車通学でしたが、今みたいには暑くなかったです




はじめての運動会の練習で毎日疲れ、夏休み明けでなんだか本調子でもない皓貴に

幼稚園行くのが嫌にならないようになってほしくないために、1ヶ月お迎えを頑張ったママでした




格闘もあったし、大変なことはあったけど、ママはママなりに、子供は子供なりに

幼稚園を通していろいろ学び、いい一年になりました







年中さんになるのを、楽しみにしている皓貴


年少さんの間、欠席5日までの子供は「精勤」として表彰されます

無欠席の子供は「皆勤賞」です


熱を出して休むことはありましたが、無事欠席5日以内で表彰されました

(インフルエンザは欠席扱いにならないので、5日以内です)



幼稚園から表彰状とプレゼントをいただきました



サクラ クーピーペンシル18色です↓

画像





進級祝 として「国旗カード」↓

画像











行事が終わったり、休みの前にも子供にプレゼントがあります

毎月保護者会費として支払う中で、役員の方が用意をしてくださいます

本当にありがたいものです








いよいよ明日から春休み

「次いつ幼稚園行くの?」

次は始業式まで幼稚園はお休みなので、4月7日です

「お休みいっぱいあるんだ」



幼稚園児には、20日くらいの休みは「多い」みたいです

小学生になったら「もっと休みが欲しい」って思うんだろうから



春休み中 一緒に何をしようか ママが考えています

お昼ご飯を何にするか考えなきゃいけなくなるけど、幼稚園始まってから

一緒にランチするのも少ないから、ピザ作って食べたりしようかな

普段はピザパンで簡単に終わらせてしまっているけど、幼稚園入園前は

よくピザ生地を作ってピザを食べていましたよ





今日も朝から幼稚園行くまでに一緒におやつを作っていました

また次回アップします
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック