ほうれんそう バナナマフィン

インフルエンザで幼稚園を休む日が続きましたが、

熱が下がり だいぶ食べれるようになってきた皓貴です




最初は何を食べたいか聞いても何もいらないばかりで、全然食べてくれなかったですが

何が食べたいかリクエストするように


そこで、新しいマフィンの試作です


今回のコンセプトは「ほうれんそう」を使うことです


ネットで調べてみると、「ほうれんそうマフィン」はたくさん載っています

その中で、使う材料の配合などを見て、気になるものに決定



ママが作るのは、変わった材料を作るものを選びません

家庭の簡単に、いつでも作れる食べやすいおやつを作りたいので、

「大人な味になるなぁ」「こんな材料は普段から常備してないなぁ」という

レシピにはあまり惹かれません


あくまでも個人的な感想です



人にプレゼントしたり、バザーに出品したり、手土産にしたり・・・

にも使えるレシピの試作も兼ねていますので


「ほうれんそう」のマフィンを検索すると、「チーズ」を入れるのが、よくあります

好みが分かれるので、入れないもので探していました



今回は、「ほうれんそう」マフィンに「バナナ」も入れるというレシピです


どちらも家にあるし、どんな感じになるのかしら・・・


熱の下がった皓貴も、粉をふるう係で、手伝いをしてくれました

よく「粉ふるい」を手伝ってくれるので、早くできるようになり、こぼさないようになりました



まだまだ試作・研究段階で、いろんな配合をやってみて、「これだ」というのを

見つけたいので、レシピの紹介はしっかり煮詰まってからにします




今回やってみたレシピは、「ほうれんそう」と「バナナ」が入り

」と「バター」が入りません

オイルは「リキッドオイル」だったので、「オリーブオイル」にしてみました





出来上がりとしては、「マフィン」よりは「蒸しパン」に近い食感です

膨らみ方はきれいです







画像


作る工程としても、無駄がなく、やりやすい

見た目はちょっと「よもぎ蒸しパン

味は、「ほうれんそう」の味もして「バナナ」の味もする

「ほうれんそう」が苦手な人には食べにくいかもしれない



次回への課題として、

「ほうれんそう」をもう少し減らして、見た目も淡い緑色

「バナナ」の風味が勝つようなマフィン

にすることです



「ほうれんそう」と「ヨーグルト」を使う「ほうれんそうマフィン」もレシピが調べてあるので

次回は違う「ほうれんそうマフィン」をやってみようかな

ほかにも「にんじんマフィン」「かぼちゃマフィン」など調べてありますが、

自家製の「ゆずレモンシロップ」を使ったマフィンも考案したいところです




年末に友達から、自家製の「ゆず」と「レモン」を送っていただきました

ゆかちゃん いつもありがとう


お湯で割ると美味しい、「ゆずカリン」をよく飲むママは

氷砂糖を使って「ゆずレモンシロップ」を作ってみました


この「ゆずレモン」の千切りにした果皮をマフィンなどのお菓子に使えたらなぁと

思っているママです



調べるのは、ネットだけでなく、本を見て アレンジしていくことが多いですが

何度も作って、どこまで砂糖を減らしても味としてまとまるか

どのレシピが一番思うものに近づくか、日々やっています


あくまでも趣味の一貫です





作った日は、強風 大雨だった 13日木曜日でした

翌日がホワイトデーだったので、会社でパパにバレンタインをくださった女性に

マフィンをプレゼントしました








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック