手根管症候群。。。

手首の痛みは、症状からいくと手根管症候群みたいです

手根管というのはパイプのような管があるのではなく、いくつかの筋肉と屈筋支帯という靭帯のような硬い組織によ

って作られるパイプ状のスペースです。

その中心を正中神経という神経が通るのですが、筋肉や屈筋支帯が緊張することによりスペースが狭くなり、正中

神経を圧迫することによって手に痺れがでる病気です。

特徴として就寝中や明け方に手の痛みで目が覚める事があります

今週は、会社帰りにH接骨院に通いました。始めの集中治療が肝心です。痛みが落ち着いたら、通院ペースを落そ

うと思います。7年前にもラケットを替えて手首が痛くなったことがあります。

そのことを先生に伝えると、 

  『新しいラケットはあなたに合ってないかもしれません。封印して下さい。

筋力も落ちてくる歳ですし。。。』
 
 


 封印って。。。 

テニスが原因なのか、仕事のCADなどのマウス操作が原因かわかりませんが

どちらにしても手首痛いしテニスしばらく出来そうにありません

何とか、4月の団体戦開幕に間に合わせたいのですが、、、

ラケットを替えてテニスに幅がでて楽しくなってきた(今までのテニスがつまらなかったわけではありませんが)ので

残念です。重症な人は、手術をするみたいですが前回も手首痛やテニス肘を完治して頂いているので

先生を信じてしばらく通う事にします



画像

皓貴は、何か話したいみたいで、話し掛けると言葉を真似するようになってきました。

しっかりと喋りだす日も近いかな







画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック